2009  HARU_M のページ

2009年 樹氷を見にみやぎ蔵王へ 

クラブツーリズムのバスツアー

大自然が織り成す白銀世界
雪上車で行く!シンピの樹氷原

で「みやぎ蔵王」へ1泊で行ってきました。

JR上野駅近くで8時集合、常磐自動車道をすすみ、「いわき湯元」で高速をおりました。

  

まずは雨の中 塩屋埼灯台 へ       

塩屋埼灯台(しおやさきとうだい)は、福島県いわき市塩屋埼に立つに建つ大型灯台。

周辺は、磐城海岸県立自然公園に指定され、太平洋に臨んで、北に薄磯海岸、南に豊間海岸と海水浴の適地に恵まれ、

立地と、白亜の美しい外観から「日本の灯台50選」にも選ばれ、地元では「豊間の灯台」とも呼ばれています。

1957年(昭和32)映画「喜びも悲しみも幾歳月」(松竹映画作品、木下惠介監督)が公開され、主題歌共々日本国内で全国的ヒット。

灯台職員とその家族が日本全国の辺地の灯台勤務で積み重ねる、長い人生の哀歓を描いた映画作品です。

本作は当時の塩屋埼灯台長夫人・田中きよの手記「海を守る夫とともに20年」(雑誌「婦人倶楽部」寄稿、

1956年8月号に掲載)から原案を得た内容で、映画には塩屋埼灯台もロケーションで登場しました。

灯台近くの海鮮料理の山六観光でオプションの昼食(1100円)

灯台の近くには、美空ひばりの『みだれ髪』を歌う歌碑と遺影碑が建ち、

その200mほど北には、永遠のひばり像も建立され、

『喜びも悲しみも幾歳月』(映画・木下惠介監督 1957年松竹作品)の記念碑もあるようですが、

いるようですがそこには行来ませんでした。

  

  

次はあぶくま洞に寄りましたが、前日まで足が痛く、歩く自信が無かったので、
休憩所で休んでいました。

  

  


石灰岩の山


星の村天文台

4時過ぎにはその日の宿 宮城蔵王ロイヤルホテル (遠刈田温泉)につきました。
露天風呂もある温泉にゆっくりと浸かりました。不思議な事に朝から足の痛みは消えていました。

  

夕方は晴れ間も見えていましたが、夕食の時には雪が降り出していました。

  

翌朝 8時にホテルを出発 すみかわスノーパークへ。

雪上車が待機していました。下右は私の乗った雪上車です。10人乗車。

  

窓が壊れて板が貼ってありました。

  

吹雪いてきて、パトロールの人が危険な場所に旗を立てていました。

  

前方が良くみえません。

  
上の写真をクリックすると動画になります。吹雪いて危険なので・・・と云う連絡が入りました。
(このページへはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください)

樹氷観賞コース

上の地図の赤い矢印の大黒天のところで車から降りましたが風が強く飛ばされそうでした。

30人乗りの雪上車「ワイルドモンスター号」

雪上車を製造しているのは新潟は長岡にある大原鉄工所。

大原鉄工所の技術の結晶とも言えるのが南極観測用雪上車。

もちろん、南極観測用雪上車を作っているのは日本では大原鉄工所のみだそうです。


クリックして下さい動画になります。
(このページへはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください)

吹雪の為危険なので、ここから引き返し、

立木に雪が積もって かまくら に成っている場所に移動。

かまくらと聞いて、「横手のかまくら」を思い浮かべましたが、こちらは自然に出来たかまくらでした。

木に雪が降り積もりこんもりとしている根元の部分がぽっかり空洞に成っています。

ロッジで借りた長靴をはいています。。

 

  

  

  

かまくらの中から

パトロール用の雪乗車

往復約2時間の観賞ツアーでした。

バスの中から。
之は樹氷ではありません。とうとう樹氷林へは吹雪いていて危険との事で行かれませんでした。

樹氷とは http://www.zao-sumikawa.jp/zao_jyuhyoumeguri/jyuhyou.html をクリックしてご覧下さい。

  

この景色を見られただけでも良かったです。かまくらの中へも入れましたし。

蔵王酪農センターに寄りましたので、チーズを少々購入しました。


クリックすると牛が首を振る動画になります。
(このページへはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください)

カステラ屋へも寄りました。こんなカステラも注文できるようです。ここでは何も買いませんでした。
  

最後に白石川白鳥飛来地 へ。

  

「エサを与えないで」の看板が立っていますが・・・。

エサが投げられると、すさまじい争奪戦が繰り広げられます。

  
上左の写真をクリックすると動画になります。(このページへはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください)

後は一路東京目指してバスを走らせ、上野に6時前に到着。お疲れ様でした。

今回も一人参加でしたので、気ままに動く事が出来ました。(たいてい一人参加です)

参加費用は19,980円 夕食・朝食各1回付き でした。

往復のバスも雪上車も煖房がきいていましたので快適な旅でした。

樹氷は観られませんでしたが、それなりに満足した旅でした。

(2009年3月8日作成)