靖国神社のあさがお展

2006年8月3日

大輪の朝顔が並んでいました。
品評会のようで、天・地・人と賞がつけられていました。

  

  

  

  

  

以上はよしずの中に展示して有るので10時半でも生き生きしていましたが、
拝殿横に置いて有るのは、夏の暑い日ざしを浴びてぐったりしていました。

  

10時半まで朝顔の大輪の花を使って、押し花の仕方を教えていました。

  

この所何かと問題を提起している靖国神社ですが、久し振りに参拝もしてきました。

小学校から昭和20年3月の大空襲で家が焼けるまで、下の地図の赤丸のところに住んでいました。
子どもの頃は靖国神社も遊び場の一つでした。


この地図は遊就館の売店で買ってきた昭和16年の麹町区の一部分です。

九段下から都バスで2つ「九段3丁目」下車し、南門から入りました。

  

お参りをすませ、朝顔を観賞して、境内を九段下へと向かいました。

    

日本陸軍の創設者で靖国神社に力をつくした大村益次郎の銅像。日本で最初の西洋式銅像だそうです。

  

白鳩の群れと、記念撮影を撮る写真屋。

昔 例大祭の時には見世物小屋が沢山出ていました。遠い遠い大昔のことを思い出しました。

(2006・8・7)

目次へ