早稲田大学戸山キャンパス

村野藤吾氏 の設計による文学部の校舎です。

2007年の夏頃から、高層の研究室棟が、耐震工法でない為に、取り壊されそうです。

校門を入ってスロープを進むと中庭に出ます。

下の4枚の写真は、

高層部分の下部にある 彫刻家 辻慎堂氏 のタイルのレリーフです。

次の1枚はエレベーターホールの床のモザイクで、

イタリアでフレスコ と モザイク を研究された 長谷川路可氏 のものです。

長谷川氏のは早大の会津八一記念館にもフレスコがあります。

また長崎の日本26聖人にも壁画が有り、

イタリアのチビタベッキアと云う港町にも日本26聖人を描いたフレスコがあります。

解説は楜沢成明氏のメールから転用させて戴きました。

楜沢氏の恩師である建築家村野藤吾先生は、東京では、日生劇場、四谷の迎賓館、

高輪のプリンスホテル、昔の読売ホール・・・と設計の多い方だそうです。

そして、楜沢氏は早稲田大学卒業時に、村野賞を授与されています。

このほかに 岩田藤七氏 のガラスモザイクもあるようですが、見損ないました。そのうちまた観にいきます。

(2007年3月15日)