(4) ビバリー・コート油壷 城ヶ島

 逗子から京浜急行に乗り、金沢文庫にて乗り換え、三崎口まで行きました。
駅から送迎バスも有るのですが、時間が半端でしたので、タクシーにて老人ホームまで。

一見ホテルかと間違えてしまいそうです。設備は至れり尽くせり。
医療が必要になったときには、隣の提携診療所「クリニック油壷」(右下)が有り、
疾病の種類や程度に応じて、一般居室、一次介護室で介護サービスを
受けられ、館内にはヘルスケア・センター(長期介護施設)もあり、
そこに移って介護サービスを受ける事も出来るようになっています。

平成2年に入居が始まったので、最初に入居した方は高齢になられているそうです。

食堂で夕食を戴きましたが、一流ホテルのレストランのようで、きちっとした
服装の方ばかり、ハイキング帰りの我々は恥ずかしいような感じでした。
ゲストルームもバス・トイレ付きでホテルの一室と変り有りません。

グレードが高いだけ、過去の栄光が忘れられない人がいて、
住みよいばかりではないようです。

入居している友人はまだまだ元気、一番困るのは、「東京での音楽会に行くと、
遅くなるので(門限がある)泊らなくてはならない事だ」 と言っていました。

海と富士山が見える部屋と申し込んだら、西日が凄くて大変だそうです。
夕焼け空にくっきりと富士山が浮かんで、素晴らしい眺めでした。(部屋から写す)

  

小さな苗から育てて見事に花が咲いた、ご自慢の木立ベコニア。


翌日館内の見学を済ませ、城ヶ島まで
出かけましたら、遠足でしょうか子供達
がお弁当を食べており、帰りにみたら
楽しそうに磯遊びをしていました。

 

風が強く海は白い波を立てていました。

昼食は、寿司元で地物盛り合わせを。

 

充実した3日間でした。
初日の夜はサッカーの日本対ロシアの試合があったので、皆で応援しながら観戦、
普通なら見ないのに結構面白く、興奮しました。
二日目はよく歩いたので、お風呂にも入らずバタンキューと寝てしまい、翌朝、入浴。
三日目はどんよりと天気が崩れそうなので、昼食後そうそうに帰宅しました。     

もう年寄りの部類に入っているので、老人ホームは大変参考になりました。

おわり。

戻る 目次へ