2003  HARU_M のページ

サントリー白州蒸留所

2003年11月23日(日)に山梨県に有る、サントリー白州蒸留所へ娘と二人で出かけました。

此処には以前 銀座に有ったバー “うさぎ” が移築再現されています。

 中村勘三郎夫人 つまり勘九郎のお母さんの久枝さんが開いたお店でした。昔ぬいぐるみ製造を

していた頃 縁あって、うさぎのカレンダーをつくるのを引き受けていました。開店当初からでしたので、

勘九郎丈はまだ幼く下駄を履いたまま廊下を走り回っていたのを思い出します。

その後バーテンダーであった 井上勝彦氏 が引き受け2000年まで“うさぎ”は営業していました。

ちなみに1999年までカレンダーは作っていました。


天気が良く山がきれいに見えました。

 
JR中央線小淵沢駅で特急あずさを下車しタクシーで蒸留所へ。
小淵沢の駅からどんどん下の方へ下がって行き、後ろを見るとすごい断層がみえました。

 
まず受け付けで見学申し込み。
一般の見学コースには“バーうさぎ”のあるゲストルームは含まれていません。
事前に電話で井上さんの紹介で見学したい旨申し込んでおきました。
その日は 利き酒セミナー “世界の五大ウイスキー” と言うイベントでその部屋を使用中でしたが、
午前と午後の間の時間に、中を見せて貰う事が出来ました。

 

 
バー“うさぎ”のカウンターです。右の写真をクリックすると、ここの由来が判ります。

 
利き酒の名残が残っていました。右はレストランです。
昼食を取る時 ウイスキーはメニューに有るのに、ビールは無いと思ったら、自動販売機がありました。
昼食後はウイスキーの見学コースに参加して一通り廻ってきました。

 
サントリーウイスキー博物館

 
発酵室と蒸留室

 
ほんの5分程ですが 専用バスで移動です。樽の更生をしている所です。
尊い木と書く樽は樹齢100年以上もの楢の木でつくります。そして使い込むほどに木の香が上品になる
そうです。ただ一度使うと表面にアルコール分が染み込んで、そのままでは次の熟成には使えません。
そこで、写真のように内面を焼くことによって、樽を再生するのだそうです。
バーナーで火をつけると初めは青い炎で燃え始めます。これはアルコールが燃えているからだそうで、
アルコールが燃え切ると、この炎が右の写真のように赤くなります。
この樽は貯蔵樽として60〜80年は使用し、その後も家具や調度品などの工芸品として生まれ変わります。
敷地内には樽で作られたテーブル・椅子・プランター等が置かれていました。

試飲会場です。まず「白州」1に対してミネラルウォーター
1の比率で割ったのが、皆に配られます。その後はスト
レートでもオンザロックでも好きなものを。私は「響」を
1対1にわったのを少しばかり。娘はお酒は好きな筈な
のに殆んど飲みませんでした。

「白州」 は、300年記念のものは、10,000円。
        12年ものは、6,700円。
        10年ものは、4,000円です。
                   多少安くしてました。

 
地元の農産物も売っていましたし、売店にはプランター(3,000円)も。結構高価。

 
ウイスキーボンボン と 手軽に燻製が楽しめると云う
組み立て式の ログハウス スモカー・セット を買って帰途につきました。

 
小淵沢の駅のホームの売店でどびんのお茶を売っていました。可愛いのでパチリ。
右の写真は特急あずさの中。ドアにシールが貼って有りそこに手を近づけるドアが開きます。
何の変哲も無いシールなので不思議に思ったら、その左に有るポッチがセンサーでした。
車内販売の人がシールの無い右の方に、手をかざしてドアを開けたのを見て 娘が気が付きました。

バー “うさぎ” の見学旅行は終わりました。 (2003年11月)

目次へ