2008  HARU_M のページ

那須温泉・温泉神社

2008年9月22日姉妹三人が那須で会うことになりました。

千葉の稲毛海岸に住んでいる下の姉と東京駅で待ち合わせることに。

出かける時は大雨で、姉から電車が遅れているので時間までに間に合わないかも知れないと携帯で連絡がありました。

それでも予定していた、Maxやまびこ207(10:20発)の自由席の列に並んでいました。

10時15分息を切らせながら「間に合ったー」と姉が到着。無事に11時50分那須塩原駅に到着。やれやれ。

那須塩原駅前です。
 

駅前で待機していた温泉組合のシャトルバスで湯元まで、そこでホテルの送迎バスに乗り継ぎホテルへ。

那須ビューホテル


                                            パンフレットから

上の姉の家族(姉・息子・娘夫婦と孫)と合流し、夕食は姉が予約しておいて呉れたホテルのレストラン「アゼリア」で和食でした。

姉の長男はずーっとアメリカに住んでいます。88才になる姉を心配して様子を見に帰国したようです。

 

ホテルには他にお客さんは沢山いましたが、子供連が多く、

和食・洋食・中国料理をミックスした特選バイキングの方に行ったようで、ここの客は我々だけでゆっくり話しが出来、

下の姉のマジックも気兼ねなく見物できました。


↑をクリックして下さい姉のマジックの動画になります。(此処へ戻すには、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください。) 

  ← 翌朝5時頃の部屋の窓から見た東の景色です。

  ↓ 大浴場ですが、パンフレットから拝借しました。

   

  那須湯本温泉の源泉は鹿の湯と言われます。昔、傷を負った鹿がこの湯で傷を癒したという逸話からその名が付いたそうです。

大浴場にはマグナバス・自然温泉・酵素風呂・露天風呂・水風呂と沢山のお湯があり、

水風呂以外は全部入ってきました。お肌つるつる?

露天風呂から朝日が昇るのをばっちり見る事ができました。

一寸顔を出したかと思ったら見る見るうちに上って行く様子に感動を覚えました。

お風呂場なのでカメラは持っていませんでした。残念!

部屋へ帰り窓の外を見ましたが、もうすっかり日は昇っていました。

レストランの窓からみた外の景色です。結婚式場も有ります。


↑をクリックして下さい動画になります。(此処へ戻すには、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください。) 

バイキングでの朝食後、早い便で帰京するという、姉の孫に合わせてチェックアウトし、

ホテルの玄関前で姉一家とお別れ、下の姉と二人ホテルのバスで湯元まで送って貰い、

温泉神社へお参りをしました。

温泉神社は那須湯本温泉にあり第三十四代舒明天皇の御代、

狩ノ三郎行広は白鹿を追い求め山中に湧く温泉を発見し神社を建立、全国に温泉の効果を広めたそうです。

那須与一が屋島の合戦のおりに成就を祈願し見事に扇の的を射抜いたという逸話で知られます。

急な階段が続きますので、荷物を社務所にお預けしてお参りに。

 

この石段の石はちょっと変わっていました。

 

←  愛宕神社の入り口です。

その脇に愛宕福神水が流れ出ていました。 

↓ をクリックして下さい。動画になります。

  

御神木「生きる」 クリックしてください。

 

那須の名木 五葉松
  

 

境内より谷底に降りると、殺生石という九尾の狐伝説で有名な賽の河原があるそうですが、そこまでは行きませんでした。

下を見下ろして。

見立神社

荷物をお預けした社務所の玄関で。

地図に有ります、芭蕉の句碑も水琴窟も気が付きませんでした。

10時20分温泉組合のシャトルバスにて、黄金色に波打つ田圃を眺めながら、那須塩原駅まで送って貰い、

東北新幹線なすので無事帰ってきました。

今度姉妹3人揃って合えるのはいつになりますやら。

終わり

2008年10月11日作成