清春白樺美術館

1983年に清春芸術村の施設として武者小路実篤、志賀直哉など
白樺」の同人が建設しようとしてその夢を果たせなかった
“幻の美術館”を武者小路、志賀両氏を敬愛し、個人的にも親交のあった
吉井長三氏により建設されたそうです。

清春芸術村は自然環境に恵まれたアートコロニーで、アトエリエ「ラ・リューシュ」、
清春白樺美術館、ルオー礼拝堂、梅原龍三郎アトリエ、
レストラン等の
設備を備えた総合文化運動の拠点として活動しているそうです。


ラ・リューシュ (パンフレットから)


巨大な指がお出迎え


清春白樺美術館

 
パンフレットと入館券


上記のような企画展が開かれていました。

 
美術館入り口前             ルオーの礼拝堂


智恵子抄で有名な高村智恵子の描いた「樟」
彼女の描いた絵の実物を観たのは始めてです。(パンフレットから)

その他「白樺」の同人が最も重視したセナンヌ、ゴッホ、ロダンの三巨匠をはじめ
宗教画家として尊敬していたルオーの作品、
「白樺」の運動に参画した芸術家の諸作品を収蔵・展示しています。
同人誌「白樺」の創刊号から最終号までを展示してありました。

礼拝堂の中

ルオーが朝夕祈り続けたキリストの十字架像

  
ルオー自身の手になるステンドグラス(装飾的な花)とパイプオルガン

梅原龍三郎が晩年愛用したアトリエを移築したもの。

 
アトリエの外観とガラス越しにみる内部(ガラスは針金入り)

小林勇氏の住居を移築した和食処 「冬青庵」(とうせいあん)


お客様がいたので玄関だけ

清春芸術村について詳しくお知りになりたい方は下をクリックして下さい。

http://cello.jp/yamanakako/kiyoharu/index.html

諏訪北澤美術館へ