2002  HARU_M のページ

曼珠沙華(マンジュシャゲ) 彼岸花 の群落を観に 
埼玉県日高市の高麗の里へ

2002年9月25日

西武線 飯能 で乗り換えた電車は超満員 通勤時のラッシュのよう。

高麗(こま)と言う地名は、奈良時代 朝鮮半島の戦乱から日本に逃れてきた

高句麗の王とその一族が、時の天皇の保護を受けて、この地に住み着いたのが由来。

日高市のホームページでは、巾着田の曼珠沙華開花状況を乗せていました。

 

ここから下の写真はクリックして下さい。

   人の流れに従ってすすむと、高麗川に
 出ます。鹿台堰を渡って川べりを歩くと、
 曼珠沙華(彼岸花)が見えてきました。
 しばらく行くと、まさに息をのむばかり、
 “100万本の曼珠沙華”が満開でした。

鹿台橋のうえからみた高麗川
クリックして下さい。


満開の曼珠沙華


黄色と白の花もありまし


蕾と咲きかけの花


花を眺めながら
お弁当をひろげる人も

 
コスモスはまだチラホラ
クリックして下さい

 
田圃だったころの名残の
水車小屋


水天の碑

 
高札場跡

 
道端の羅漢さん


実りの秋

 
黒米の田圃でしょうか

お天気にも恵まれ、絶好のハイキング日和。元気一杯のおばさん軍団に負けじと、

秋の空気を胸一杯に 一人気侭に 歩き廻ってきました。

目次へ