初詣 その2   

      笠森観音

   

3日に孫娘の成人祝いをする為千葉県茂原の長男の所へいきました。

去年の暮から大学の近くで   

一人住まいをはじめました。

孫がこれだけ大きくなるの

ですからこちらが年をとる

のは当たり前です。

翌日近くへ初詣に行きました。

笠森観音  「天台宗・別格大本山笠森寺」

延暦3年(784)伝教大師最澄上人が楠の霊木で十一面観世音菩薩を刻み
山頂に安置し、開基されたとつたえられています。

観音堂は長元元年(1028)後一条天皇の勅願により建立されその建築様式は 
日本唯一の
「四方懸造」として明治41年(1908)「国宝」にその後昭和25年(1940)
「文化財保護法」の制定により
「国指定重要文化財」となっています。      

周辺の山々は「県立笠森鶴舞自然公園」に指定されており、特に観音山は   
「国指定天延記念物笠森自然林」として保護されています。            

「坂東三十三観音札所」の三十一番札所として古来より巡礼の霊場となっています。
(以上パンフレットより)

  参道は石段になっていますが

  手すりが付いているので助か

  りました。

  着いた時は駐車場もガラガラ

  でしたが降りてきた時は満杯。

  道路も渋滞していました。

 この木の穴を潜ると子供が授かると言われて
 いるそうです。
 この子の前には 若いカップルの女性の方が
 くぐっていまいた。.

 

ニ天門

六角堂

  
大きな岩の上に四面を舞台造りにした「四方懸造」
61本もの柱で支えられ、堂の上までは75段もの階段を登らなければなりません。


内部は撮影禁止なので他から拝借

   

お堂の上からの眺めです。

次に 玉前神社 へ行きました。

目次へ