2002  HARU_M のページ

春を訪ねて 4

六義園(りくぎえん)のしだれ桜

六義園は、五代将軍徳川綱吉の寵臣・柳沢吉保が元禄15年(1702年)に 
築園した和歌の趣味を基調とする 「回遊式築山泉水庭園」 です。明治に 
なって岩崎家の所有となり、昭和13年に東京市(都)に寄付され一般公開 
されるようになりました。昭和28年には国の特別名勝にも指定されました。

庭の中心に入るための内庭大門を入った広場にしだれ桜の大木があります。
今年は桜の花が咲くのが早く、予定していた23日を繰り上げ20日にライトアップ
をすると言う情報をK氏が教えて呉れましたので、急遽出かけることにしました。


上の写真をクリックすると大きくなります。

  

暖かく風もあまりなく絶好の夜桜見物日和でした。
夜は一定の区域だけしか入れませんでしたので、翌朝又出かけて
写真を撮って来ました。上の写真は其の時のものです。(3月21日)

これらの写真は20日の夜

 

 それぞれの写真をクリックして
 下さい。

さくらの上には細いお月様がでていました。

さくらの木の中から。

以上は3月20日に写しました。この下のは翌日の午前中のです。

白い花をつけている大きな木はこぶしです。

クリックして下さい。

右の竹筒は中に電球がぶら下がっていました。
 

20日の帰りに護国寺のそばの「九条」でそれぞれビール・生ビール・冷酒を
そら豆・菜の花・ほたるいかの刺身・はまちなどを肴に一杯やってきました。
綺麗な花を愛でて、良き友と美酒を楽しむ。ゴクラク・ゴクラク!

目次へ