2002  HARU_M のページ

春を訪ねて 2

旧古河庭園の梅 「思いのまま」

 2月27日の朝日新聞に「一本の木で紅白の花が楽しめる珍しいウメが、
北区西ヶ原一丁目の旧古河庭園で見ごろを迎えている」とでていました。 

 「思いのまま」という品種で、枝ごとに紅、白、絞りなど、木が思いのまま
に花をつけるそうです。年によって紅白入り交じったり、一般のウメのように
単色だったりするそうで、今年は4本のうち2本が色を咲き分けていました。 

 
右の写真のウメは紅梅ですが、左のは「思いのまま」クリックして下さい。

この庭園は武蔵野台地の南斜面という地形を活かし、
北側の小高い丘に洋館を建て、斜面は明るい洋風庭園、そして
低地には池を中心にした和風庭園を配すという、変化に富んだ庭園です。

ここはもと明治の元勲陸奥宗光の邸宅。その後宗光の次男が古河財閥の
養子になったとき、古河家の所有となりました。戦後、国へ所有権が移り、
東京都が国から無償で借り受け一般公開したものです。

バラの庭園として有名ですが今は全部剪定してあり、
かすかに新芽が見え始めたところでした。

寒い日でしたので人影も無くひっそりとしていました。
学生が何人かあちこちで写生をしていました。

 

 
洋館と洋風庭園は英国人ジョサイア・コンドル博士、
和風庭園は京都の著名な庭師・植次こと小川治兵衛によります。

 
右の写真をクリックして下さい 池に鴨がいるのがわかります。

 往きには江戸川橋から

 有楽町線で飯田橋へ、

 次に南北線で西ヶ原へ。

 帰りはJR上中里駅へと

 本郷通りを歩きましたら

 左のようなふるい家が

 ありました。

本郷通りから左折しましたら、

そこは「飛鳥の小径」だそうで 

歩道に下のようなタイル?が

嵌め込まれていました。その

一部をご紹介します。

 

目次へ