バスツアーで 「郡上踊り」 を観に

A 郡上八幡 写真をクリックすると大きくなります。

踊りは8時からと言うことなので、まず町の散策に出かけました。
「水と踊りの町郡上八幡」 といわれるだけあって、長良川の最も大きな支流、
吉田川が町の中を流れています。街角に踊りの像がありました。

 

宗祇水
小駄良川のほとり、宮ヶ瀬橋の近くに、昔からこんこんと湧き出る泉がありました。
周辺住民の「生活の水」として使用され、清水と呼ばれることも有りましたが、
連歌の宗匠として知られる 飯尾宗祇 が、この泉のほとりに草庵を結んで
この泉を愛用したところから 「宗祇水」 と名付けられました。昭和60年
全国名水百選の指定を受け、「水の生まれる町」郡上八幡の名勝となりました。
家の軒下にも鯉が泳いでいます。

  

「やなか水のこみち」 
新しく作ったようで、手づくり郷土賞を建設大臣から受けています。

  

  

おもだか家民芸館
おもだか家の先代・水野柳人によるコレクションを、おもだか家の土蔵に陳列してあります。
柳人(水野伊兵衛・明治29年〜昭和38年)は、鮎の画家として其の名を知られているそうです。
彼は民芸とは言わず、山深い生活から生まれた品々を選び蒐めて げてもの と呼んでいたそうです。
現在は郡上紬の製品など奥美濃の土産物を販売しています。

     

  昔のそろばん         くぎ抜きと十能
 

古い町並にあった家   履物や   酒屋

  

いよいよ踊りの時間になってきたので  

会場になる新栄町へと往きました。

戻る  次へ

目次へ