郡上踊り in 青山

 2003年9月13日・14日に長青山宝樹寺 梅窓院の
 境内で郡上踊りが行われました。

 青山と云う地名は、郡上藩の藩主であった青山氏に
 由来するそうです。

 この梅窓院は青山家の菩提寺で、寛永20年(1643年) 
 に開山されました。

 地下鉄外苑前駅で下車、地上へ出ると直ぐ目の前が
 梅窓院でした。

 参道の両側には幹は黄色く、葉は青々とした竹林が
 続きます。これは福岡の久留米から持ってきた孟宗
 金明竹だそうです。

 今年の6月に再開発されたばかりです。

参道を真っ直ぐ進む 
と右手の境内でおど
りが始まっていました。

近代的なビルの下で
浴衣姿の踊りは、まさ
に21世紀ならではの
感がありました。

ここから下の小さな写真は、クリックすると大きくなります。

左の写真の正面がお寺の本堂棟です。
  

   高いビルは52年間の
 一般定期借地権を設定
 して建てられた株式会社
 CSKの事務所棟のよう
 です。

 墓地には青山家の
 お墓が多数ありました。

 左は昭和58年に発見
 された洞水門(水琴窟)
 で、平成4年に再建さ
 れたそうです。

 右の塔は永代供養墓で 
 後継者のいない方の為
 お寺が永遠に供養する
 最勝寶塔です。

郡上の物産と手拭を販売していました。
 

明るいうちに行きましたが、帰る頃には暗くなりかけ、盆踊りらしい雰囲気がでてきました。
ただ郡上八幡での郡上踊りとはやはり違っているのは仕方がありません。
踊っている人も 見物している人も 楽しんでいました。 

目次へ